12星座【恋の悪い癖】牡牛座は悩みすぎ、蠍座は愛を求めすぎ!

占いTVニュース / 2014年8月20日 17時0分

写真

 あなたの恋の寿命は、長いほうですか? それとも、短いですか? 付き合うときは「この人しかいない!」と思っているのに、なぜか恋が長続きせず、短い恋を繰り返してしまう人がいます。恋愛は相性なので、運命の相手が現れるまでの試練として、恋が続かないことがあるかもしれません。しかし、短い恋ばかり続いてしまうと、自信をなくしたり、恋の仕方がわからなくなることも。そこで今回は、星座別に、恋が続かない原因である「あなたの癖」を探っていきましょう。
 
■牡羊座……想像力を豊かに!
 熱しやすく冷めやすい牡羊座。「いいな」と思ったら、積極的にアプローチ。しかし、お付き合いが始まると、「あんまり相性がよくないみたい」と冷めてしまう傾向に。牡羊座の癖は、自分本位に考えてしまうこと。「自分がこう思っているのだから、相手もそう思っているはず」と考え、恋人が自分とは異なる言動をすると、「そんな人だと、思わなかった……」と冷めてしまうのです。恋を長続きさせたいならば、想像力を豊かにし、相手の真意を探りましょう。心を汲み取ることができれば、恋は長続きするはずです。
 
■牡牛座……悩まない!
 愛情にはじっくり時間をかける牡牛座。短い恋を繰り返すのは、牡牛座らしくありません。しかし、結果としてそうなってしまうのは、「あれこれ悩みすぎる癖」が原因です。恋愛をうまくいかせようと頑張りすぎて、空回り。また、頑固な面があるため、自分の悩みを恋人に打ち明けられず、1人で悶々しがちに。結果として、恋人からすると何を考えているのかわからず、距離がどんどん遠くなる結果に。「ありのままの自分を愛してくれるのが本物の恋!」と信じて、ドンと構えていましょう。
 
■双子座……すぐにあきらめない!
 仕事も恋も遊びも……と、すべてにおいてバランスを重視する双子座。恋人ができても、恋愛だけに没頭することは苦手。特に仕事が忙しくなると、恋愛がますます手抜きに。恋人が寂しさのあまり文句や愚痴を言うようになると、「面倒くさいなあ。はい、次!」となるでしょう。「あきらめがよすぎる」という癖のために、恋が短くなってしまう双子座。バランス感覚も大切ですが、恋人の気持ちを考えて、今の状況を説明したり、恋愛の比重をアップしたりなど、恋のメンテナンスを怠らないようにしましょう。
 
■蟹座……相手選びを慎重に!
 蟹座にとって、好きな人に愛情を与えていくのが一番の幸せ。いったん好きになってしまえば、恋する気持ちが長く続いていくはずです。それなのに恋が長く続かないのは、「相手選びに問題がある」という癖が原因。恋に盲目的になりがちな蟹座は、相手選びの眼力が弱いタイプ。そのため、ダメンズと呼ばれる男性や、遊びで近づいてくる男性に夢中になることも。何よりも大切なのは、慎重な相手選び。真剣な恋ができる相手かどうか、思いこみを捨て、冷静さを忘れずに。
 

占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング