32年間ありがとう! タモリさんはまさに「いいとも!」な名前でした

占いTVニュース / 2014年3月31日 11時0分

写真

――名前でここまでわかる! 開運アドバイザーの安斎勝洋先生が姓名鑑定で、話題のあの人やトピックに迫ります!
 
 ついに本日、『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)がグランドフィナーレを迎えます。32年間、お昼の顔として、いいともの司会を担ってきたタモリさん。番組内では、タモリさんの自由なリーダーシップ、おちゃめな魅力がさく裂していましたね。
 
 そこで今回は、開運アドバイザーの安斎勝洋先生にタモリさんを鑑定していただきます! 安斎先生は1997~1999年の間、いいともレギュラーとしても活躍されていました。名前から見る、タモリさんってどんな人? 芸名の「タモリ」と本名「森田 一義」で比べると、何か違いがあるのでしょうか……?
 
 それでは、安斎先生! 鑑定をお願いします!
 
【本名:森田 一義】
●人運6: 神経細やか、サービス精神旺盛
●地運14: 甘えん坊、憎めない可愛らしさ、さみしがり屋
●外運25: 理屈っぽい、硬派、好き嫌いハッキリ
●総運31: 聡明、芯の強さ、困難に立ち向かう力
 
◆『いいとも!』はタモリさんの人柄そのものでした
 サービス精神が旺盛で、とてもチャーミングな方。相手のいいところを引き出す才能にたけています。テレフォンショッキングでも、その才能を発揮されていましたね。また、欲がないので自らしゃしゃり出ないのですが、いつの間にか周りから評価され、気づいたら前へ前へと押し出されているタイプです。いざという時の知力と度胸も兼ね備えています。フワフワしているように見せて、何事も常に真剣、真面目に考えている人です。
 
 相手を言い負かして押し込めたりしないし、できないタイプです。周りへの気配りも非常に細やかで、背中に目があるよう。逆に、その気配りに気づかない人、ガツガツがさつな人は苦手でしょう。そんな相手の前だと、無言になったり、スッとその場から立ち去ってしまうかも……。気を使いすぎてしまうので、一人もしくは気の知れた人をワイワイするほうが好きでしょう。
 
 まさに、『笑っていいとも!』はタモリさんの人柄を表したような番組。安心感と愛らしい笑い、そして気軽に楽しく見られる雰囲気。番組の趣旨とタモリさんの人間性がぴったり合わさったため、結果長寿番組になったのではないでしょうか。
 
◆芸名「タモリ」×本名「森田」の化学反応!
 「タモリ」(8画)で見てみると、いい意味で負けず嫌い、努力家、意志の強さ、職人気質……といった、何事も強気で挑んでいけるお名前です。非常にエネルギッシュなお名前なので、32年間という長い間、番組の顔を続けることができたのでしょう。多少体調が悪くても泣き言を言わず、気力で乗り切ってしまう傾向も。無理しすぎてしまう場合もあるので、定期的な体のメンテナンスが重要です。また、「8」は井戸端会議好きの数なので、トーク番組は転職といえるでしょう。
 
 本名は強気さやガツガツさがない、少々繊細なお名前。そこに、「タモリ」と名乗ることで、周囲に流されない強さや図太さがプラスされ、いいバランスになっています。タモリさんのおおらかさ、「何とかなるさ!」といった雰囲気が、生放送の面白さにつながったのでしょう。
 
◆いいとも終了後は…? 「チャーミングなオタク」の道まっしぐら!?

 本名から見ると、枠にはまりやすいタイプなので、番組を卒業し枠から外れることで、新たな魅力を発揮できるはずです。好きなことを深く追求できるお名前ですので、今後は『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)で垣間見せる、鉄道・地層・地図……などのオタクキャラをさらに発揮されるかもしれませんね。周りをとりこにする、憎めないチャーミングさをお持ちですので、今後の多方面でのご活躍が楽しみです!
 
 安斎先生、鑑定ありがとうございました!
 タモリさんはまさに「いいとも!」なお名前だったのですね。『笑っていいとも!』は本日正午から1時間、お昼の放送を行った後、20時から『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』で歴史を締めくくります。特大号では、ゲストに吉永小百合さんが初登場。「いいともレギュラー時代のタモリさんとの思い出は?」と安斎先生にお聞きしたところ、「吉永小百合さんの魅力について熱くお話しされていたのが印象的です。『実は私、吉永さんにお会いし鑑定したことがあるんですよ』とタモリさんに伝えたら、ものすごく羨ましがられました」とのこと。今夜は、小百合さんにデレデレなタモリさんが見れるかも!?
 
 タモリさんは番組の最後、何を語るのか? エネルギッシュな「タモリ」さんにも、サービス精神旺盛な「森田」さんにも注目しましょう!
(文=編集部)
 
●安斎勝洋(あんざい・かつひろ)
「姓名学」「風水学」「九星占術」等を学び、開運アドバイザーとしての仕事をスタート。 30年以上に及ぶ、姓名・生年月日・住環境と、その人間の運勢との関係を独自の統計データとしてファイル。 独自で生み出した“安斎流 姓名判断”と中国風水をもとに、日本の風土や生活に沿った、“安斎流 風水”を確立。

占いTVニュース