【心理テスト】1人でみたい映画でわかる、心の奥にある不満

占いTVニュース / 2014年10月27日 18時0分

写真

 映画でも、歌でもよく出てくるフレーズ「あるがままの自分」。でも、自分の本当の気持ちがわからない……ということ、よくありますよね。世の中の価値観に自分を合わせてしまうため、あるがままの自分は抑圧されていることが多いのです。そして、その抑圧されたあなたは、今にも爆発寸前かもしれません。そこで今回は、あなたの心の奥を探る心理テストをご紹介します。

【質問】
1人でこっそりみたい映画はどれ?

A:激しいアクション映画
B:ドロドロの恋愛映画
C:怖すぎるホラー映画
D:涙あふれる感動の映画

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見ていきましょう。

【診断できること】
「あなたの心の奥にある不満」
 1人でこっそりみたい映画は、心の奥にひそむ不満解消の象徴です。あなたがどんな映画をみたいかによって、あなたが抱えている不満の正体がわかるのです。

■A:激しいアクション映画……「自己嫌悪」自分の存在が認められない
 何も考えず、激しいアクションに夢中になりたいあなた。心の奥にひそんでいるのは「自己嫌悪」です。やらなきゃいけないのに成果を上げられない。みんなが自分の存在を認めてくれないなど、自信がなくなるとどんどん自分が嫌いになってきます。そんなフラストレーションがたまり、何かをぶち壊すような映画をみてスカッとした気分になるはず。しかし、何ごとも気持ち次第。不屈のヒーローをみて「困難な状況もずっと続くわけがない!」とポジティブに考えれば、幸せになれるはずです。

■B:ドロドロの恋愛映画……「欲求不満」心も身体も悲鳴をあげている
 三角関係、嫉妬、不倫……など、ドロドロの恋愛映画をみたいあなた。かなり「欲求不満」です。一見、幸せそうに見えて、恋愛やセックスが満たされず、心も身体も悲鳴をあげている状態なのです。もしパートナーがいるのなら、「彼はいい人だし、不満を言う自分が悪いんだわ」と、欲求不満を封印しているはず。しかし、不満がたまるとだんだんとげとげしい口調になりがち。破局を迎える前に今の関係を改善する、もしくは思いきって別れ、新しい恋をするなど、早めの対策をとったほうがいいでしょう。

■C:怖すぎるホラー映画……「自分に対する怒り」自由を求めるカゴの中の鳥
 1人で怖すぎるホラーをみたいあなたは、大きなストレスを抱えているでしょう。心の奥にある不満は「怒り」です。いったい何に怒っているのでしょうか? それは自分です。まわりの目を気にして、やりたいことができない状況にいる模様。まさに、カゴの中にいる鳥のようで、自由がないと思っているのです。しかし、誰もあなたの人生を縛っていません。今すぐ、鳥カゴから飛びだしてみましょう。あなたが思っているほど、まわりの人たちはあなたの行動を気にしていないのですから。

■D:涙あふれる感動の映画……「孤独」ぽっかり空いた心の穴
 自分1人で涙あふれる映画をみたいあなたの不満は「孤独」。人知れず、心のさみしさを抱えているようです。過去のつらい体験のせいか、心をオープンにして人と付き合えないのかもしれません。そのため、感動する映画をみて、将来への不安や、ぽっかり空いた心の穴をうめているのです。まずは感動する映画をみて、少しずつ心の穴をうめていきましょう。そして、恐れずに人と接してみること! 楽しい気分になれる相手なら、孤独もやすらいでいくはずです。

 これまで恋愛映画が好きだったのに、最近は、アクション映画ばかり観るようになった……という場合、あなたの心が大きく変化している証拠。秋の夜長、自分にぴったりの映画を探してみませんか?
(金森藍加)

>>NEXT:バス停で待っている人数は何人? 人間関係のポジションがわかる心理テスト

占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング