【血液型カップル事典・AB型編】AB型×A型は固い絆で結ばれたパートナー!

i無料占い / 2014年10月30日 12時0分

写真

 血液型カップル辞典の最後は、AB型です。日本でもその割合は10%ほどといわれています。世界的に見てもとても少ないため、ミステリアスな印象があるAB型。進化の過程で生まれた一番新しい血液型だからこそ、新しい可能性を秘めているともいえるでしょう。そんなAB型の人はどのように恋を成就していけばいいのか、お伝えします。

■AB型×A型……固い絆で結ばれたパートナー
 AB型は、「こうあるべき」にこだわるA型を理解することができるし、「もっと肩の力をぬいてもいいんだよ」とやさしく手を差し伸べることもできるでしょう。心配性なA型も、自分の気持ちをちゃんと聞いてくれるAB型に誠実さを感じます。すぐに急接近する2人ですが、AB型があまのじゃくな態度を見せると、危険信号。好意を見せたあと、急に冷たくするなどツンデレな面があるため、真っ正直なA型が不安になってしまうのです。相性がいい組み合わせですから、AB型が一貫して愛情を示していけば、固い絆で結ばれたパートナーになれるはずです。

■AB型×B型……ストレートな愛情表現が幸せのカギ
 二面性のあるAB型だからこそ、多角的に物ごとを見る力があります。個性的でやや自分勝手とも思えるB型の行動も、楽しく見守ることができるはず。そのため、B型は居心地がよく、AB型に好意を抱くようになります。しかし、恋愛成就しそうになると、AB型の慎重さが顔を出し、「もう少し様子をみてから……」と、一歩引いてしまいがち。タイミングが悪いと、恋人に発展しないこともありそう。回りくどいことが嫌いなB型なので、好きならば思いきって飛びこんでみるのが幸せのカギ。結婚の相性もいいので、ストレートに気持ちを伝える勇気を。

■AB型×O型……信頼はできるが、押しの強さに疲れが
 感受性は強いけれど、冷静でクールな面を合わせもつAB型。純粋で隠しごとのできないO型に対して、信頼を抱くようになるでしょう。愛する気持ちをはっきり伝えてくれるので、わかりやすく安心できるのです。しかし、AB型の繊細な心の内まで、どんどん入りこんでくるようになると嫌気がさしてきます。つい批判的な言葉を投げつけ、O型のプライドを傷つけると修復不可能な結果に……。結婚後、人付き合いを大切にするO型は自分の家族や会社の仲間とのつきあいを優先しがち。個人主義のAB型とどう折り合いをつけるかが夫婦円満の秘けつとなるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
i無料占い

トピックスRSS

ランキング