【ルパン三世診断】峰不二子役に誰を選ぶかでわかる理想の女性像

占いTVニュース / 2014年4月13日 12時0分

写真

 実写版映画『ルパン三世』(8月30日公開)の主要キャストのビジュアルが公開されました。ルパン三世=小栗旬、次元大介=玉山鉄二、石川五ェ門=綾野剛、峰不二子=黒木メイサと豪華な顔ぶれ。しかし、実写映画にありがちなキャストに対する「こいつじゃダメだ!」論争がネット上で巻き起こりました。特に、峰不二子役の黒木メイサさんに対しては、「色気がたりない」「胸が小さい」「シャープすぎる」などと批判が多いようです。
 
 もし、あなたが峰不二子役の女優を選べるとしたら、以下のどの人がいいですか?
 
A:藤原紀香
B:沢尻エリカ
C:仲里依紗
D:長澤まさみ
E:深田恭子
 
 あなたは誰を選びましたか?
 
 日本漫画界ナンバーワンのセクシーキャラ、峰不二子。多くの人を魅了する峰不二子のキャスティングには、あなたの理想や憧れが投影されます。実はこの答えで、女性の場合は自分がなりたい女性像、男性の場合は恋愛対象としての理想の女性像がわかるのです!
 
 それでは結果を見てみましょう。
 
■A:藤原紀香……グラマラスで健康的な女性が理想
 峰不二子に負けず劣らずのダイナマイトボディを持つ藤原紀香さん。しかし、峰不二子のような妖艶さよりも、明るく健康的なイメージが強いです。また、自立していて男性と対等に渡りあえそうなたくましさもあります。藤原さんを選んだあなたが女性の場合は、華のある外見にはもちろん憧れますが、親しみやすくてみんなに好かれる女性を理想としているようです。男性の場合、あっけらかんとしていて男勝りな、サバサバした女性が理想なのでしょう。そんな女性にならば、尻にしかれてもかまわないようです。
 
■B:沢尻エリカ……男を誘惑する悪女的な女性が理想
 実写化の話が出た当初は、峰不二子役に内定していたといわれる沢尻エリカさん。確かに、男をだますためならどんなこともする峰不二子のキャラにかぶる部分は多々あります。沢尻さんを選んだあなたが女性の場合は、自分が人よりも秀でているとか、選ばれた人間なのだと自負できる女性に憧れます。傲慢に振舞って非難されても、「だから、何?」と開き直ってみたいようです。男性の場合、わがままな女性が理想。かわいい女王様に振り回されたい願望が強いでしょう。
 
■C:仲里依紗……ギャップのある女性が理想
 仲里依紗さんは、映画『ゼブラーマン』でゼブラクイーンというセクシーな役を演じ、抜群のスタイルを誇りました。どちらかというと、さわやかで清純なイメージが強いですが、峰不二子もやれない役ではありません。仲さんを選んだあなたが女性ならば、時には大胆でわがまま、時には優しいといった、いろいろな顔を持つ女性に憧れます。男性ならば、外見と中身にギャップのある女性が理想なのでしょう。おとなしそうに見えて、実はものすごくエロかった……そんな女性にはまいってしまうのでは?
 
■D:長澤まさみ……あらゆる魅力を兼ね備えた女性が理想
 長澤まさみさんは、清楚なイメージが強いですが、だからこそセクシャルな峰不二子役をどう演じるか見てみたいところ。長沢さんを選んだあなたが女性ならば、1人の男性に深く愛されるよりも、多くの男性をとりこにしたいという欲求が強く、万人受けするモテ女性になりたいのでしょう。男性ならば、自分だけに優しくしてくれて、かわいくて、何でも言うことを聞いてくれて……と、女性に対する願望はつきません。本物の女性よりも、ゲームの中の女性などを猛烈に好きになる傾向があります。
 
■E;深田恭子……甘え上手で従順な女性が理想
 深田恭子さんは、映画『ヤッターマン』のドロンジョ役でセクシーな衣装を披露しています。かわいい顔なのに小悪魔的で、意表をつく峰不二子を演じてくれそう。深田さんを選んだあなたが女性ならば、好きになった男性の好みによって変幻自在に変化できる女性が理想。相手の色に染まりさえすれば、幸せにしてもらえると思うからです。男性ならば、守ってあげたくなるような女性が理想です。峰不二子が時に猫なで声でルパンに甘えるように、自分を頼ってくれる女性に弱いようです。しかし、女性にいいように利用される危険をもあるので気をつけて。
 
 黒木メイサさんですが、ビジュアル公開後は「思ったよりいいんじゃない」という好意的な意見も多く見られます。ある時はルパンの敵であり、味方であり、恋人である峰不二子。この正体不明の美女を黒木さんがどんな風に演じてくれるのか、今から楽しみですね。
(紅たき)
 
※画像は映画『ルパン三世』公式サイトより

占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング