心に抱えている欲望がわかる【煩悩占い】除夜の鐘で煩悩を振り払おう!

i無料占い / 2014年12月31日 18時0分

写真

 大晦日には除夜の鐘が108回鳴り響きます。108というのは「煩悩」の数。「煩悩」とは、時代や宗派によって諸説ありますが、簡単に言うと、人間の心身の苦しみ、肉体や心の欲望、他者への怒りなど、マイナスの心を指すようです。今回は、あなたの誕生日から、今あなたが抱えている「煩悩」とは何かを探り出します。自分の煩悩がわかれば、除夜の鐘もより神聖な気持ちで聞けるでしょう。

 さっそくあなたの誕生日から占ってみましょう。

【「運命数」の出し方】
 生まれた日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が「運命数」です。

<1984年5月16日生まれの場合>
1+9+8+4+5+1+6=34、3+4=7
「運命数」は「7」です。

 あなたの「運命数」は出ましたか? さっそく結果を見てみましょう。

■運命数1……道ならぬ恋への欲求
 あなたには今、不倫、略奪愛をしたい欲求があるようです。もしかしたら今好きな人は、妻子持ちだったり、友達の恋人だったりはしませんか? 好きでたまらないのかもしれませんが、実際にアクションを起こしたらきっと後悔する結果になります。隣の芝生は青く見えるもの。人のものだからまぶしく見えるのです。除夜の鐘を聞いて、危険な恋への欲望を断ち切りましょう。

■運命数2……出世欲
 あなたは今、人一倍出世したい、仕事で成功したいという欲求が強いようです。それは決して悪いことではありません。ただ、その裏には自分より仕事で優遇されている人を妬んだり、誰かの足を引っ張りたくなったりする気持ちがあるのでしょう。その気持ちを捨てないと、あなたは自分で自分が嫌になり苦しむことになります。除夜の鐘を聞いて、純粋な気持ちで仕事に向き合えるようにしましょう。

■運命数3……お金が欲しい
 あなたは今、金銭に対する欲望が強いようです。お金さえあれば幸せになれる、お金が人生のすべてだ! そう考えているのではないでしょうか。でも、その欲望があなたを苦しめています。お金のある人を必要以上に妬んだり、お金がないことで極端に落胆したり……。衣食住がこと足りていればそれでいいと、除夜の鐘を聞きながら割り切ってみましょう。贅沢をしたいと思い出したらきりがありません。

■運命数4……友達がうらやましい
 あなたには今、妬んでいる友達がいるのではないでしょうか。その友達はあなたにはないものをすべて持っています。どうしてこの人ばかり恵まれていて、自分は幸せになれないのだろう……。そう思うことが多いようです。人を妬む気持ちからは何も生まれません。人は人、自分は自分と割り切って、あなたに今ある幸せを除夜の鐘を聞きながら思い起こしてみましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
i無料占い

トピックスRSS

ランキング