12星座あるある【限界のサイン】蟹座は暴飲暴食、山羊座は独り言が増えたら危険!

占いTVニュース / 2014年4月18日 12時0分

写真

 年度はじめから全力で頑張りすぎて、息切れを起こしていませんか? 自分の心に余裕がなくなると、冷静さを失い、視野が狭くなって、余計に自分を追い込んでしまいます。心に限界が訪れてしまうと、どのような行動をとってしまうのでしょうか。12星座ごとに、みてみましょう。
 
■牡羊座……ボソボソと弱音をはく
 常に自分を発信している牡羊座。普段は分厚い壁も乗り越えるくらいのバイタリティーを持っていますが、追い詰められていくと、あまり吐かない弱音を吐くようになります。それまでは弱い自分を許さず、意固地になり極限まで我慢しつづけます。ボソボソと弱音が出てくるようになったら要注意。限界のサインです。
 
■牡牛座……衝動買い
 牡牛座は、ストレスがたまるとお金を使ったり、物で自分を満たそうとする傾向があります。自分のペースが保てず心がペシャンコにつぶれてしまうと、衝動買いや車購入などの大きい買い物をしようとします。買い物の金額が大きくなればなるほど、限界が近づいているサイン。買い物にクレジットカードを使っている人は、無意識のうちにカードを切っているかもしれません。注意しましょう。
 
■双子座…しゃべらなくなる
どんな相手とも分け隔てなく接することができる双子座。親近感を持たれるあまり、あれこれ頼まれたり一方的に押し付けられたり責め立てられると、限界を感じてしゃべらなくなります。表情はニコニコしていても、その場その場で言葉が詰まって出てこなくなります。しゃべられない自分にも落胆してしまうので、さらに自分を追い詰めていきます。
 
■蟹座……暴飲暴食
 感受性が強い蟹座の心のバロメーターは、食事の質や摂り方にあります。普段は適量か腹八分目で質のいいものを心がけていますが、追い詰められ、心に余裕がなくなるにつれて、ジャンクフードや甘いもの、カロリーの高いものにシフトチェンジしていきます。暴飲暴食になってしまったら、それは心の限界のサイン。食事内容や生じ時間を見直してましょう。
 
■獅子座……むだにおしゃべりになる
 獅子座は頑張りやな分、自分の存在や仕事を認めてもらえないと、心がしんどくなってしまいます。潰されないように自分の心の内を聞いてもらおうと口を開きますが、限界が近ければ近いほど、言葉数が増していきます。さらに、会話の中身がなく、内容がつながっていない話ばかりするようになってしまったら、それは心の限界のサインです。
 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング