今日から実践できる! 金運を上げる3つのテクニックを伝授

占いTVニュース / 2018年1月7日 14時0分

写真

 1月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)、六本木ヒルズで開催中の『占いフェス 2018 NEW YEAR』。初日ステージには“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)水曜日でおなじみの奇門遁甲の真伝継承者・昇龍と真言密教修験者・法演が登場。2018年の金運をUPさせるテクニックを披露した。

■すぐにトライできる金運UP法とは?
 
 昇龍によれば、2018年の金運UPのキーワードは「コツコツ」。一獲千金を狙うより、コツコツ貯金をする、日々の出費を抑えるなど、地道な努力が大切なのだそう。

 それを踏まえて、昇龍と法演から金運を上げるポイントが3つ提示された。1つ目は、「銀行はみずほ銀行がイイ!」。具体的な銀行名が挙がって会場はざわついたが、これは通帳やキャッシュカードが青色の銀行がよいということなのだとか。普段利用している銀行の通帳やカードが青系でない場合も、通帳を青い封筒に入れて保管することで金運が高まるという。

 2つ目は、「お金はカーテンレールの上に置くとイイ!」。「カーテンレール?」とこれまた驚きのギャラリーに向けて法演は、「神棚がいいのですが、今はないお宅が多いですよね。自分にとって一番キレイで、手に触れないところに現金を置いてほしいという意味です」と解説を加えた。家に現金を置いておくと、お金が呼び水となってさらにお金を呼んでくるのだそうだ。

 3つ目のポイントは「アボカドを食べるとイイ!」。法演は「昇龍先生がおっしゃっていたように、今年は仕事をコツコツやってお金を貯めていくのがよい年」と語り、仕事運を上げる食べ物であるアボカドを週に1度は食べて、仕事運を高めることをすすめた。

 『占いフェス 2018 NEW YEAR』は8日(月・祝)まで。友達とのランチやバーゲンの折に立ち寄って、おトクな開運情報をたくさんゲットしてみて!
(坂井玲子)

※画像出典/shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング