12星座あるある【占い編】占いに振り回されるのは双子座、ラッキーマニア予備軍なのは牡羊座!

占いTVニュース / 2014年5月5日 12時0分

写真

 あなたは占いが好きですか?少なくとも、この「i無料占い」を利用されている人は占いに興味があり、転ばぬ先の杖として運気やアドバイスをチェックされていることでしょう。人によって、占いの結果を見たときの反応や捉え方もさまざま、占いの使い方もそれぞれ異なります。さて今回は、星座ごとに占いをどう捉えるかを紹介、そして、おすすめの占いも一緒に教えちゃいます!
 
■牡羊座……ラッキーマニア予備軍
 具体的な占い結果はどうでもいい! とにかくピンポイントでラッキーが呼び込めばそれでいい! と占いを端折って見てしまうのは牡羊座。ラッキーカラーやラッキーナンバー、運を呼び込むものが大好きで、これがいいと言われればガンガン利用し、開運を呼ぼうとします。そんな牡羊座におすすめなのは、気の流れを物で取り入れる「風水」。
 
■牡牛座……占いも現実志向!
 占いの結果だけでは浮かれないのは牡牛座。現実的な結果をしっかりと受け入れる反面、現実離れした結果は一切耳を貸しません。スピリチュアル要素の強い占いは苦手で、一言「天使が~」と言われても「なんのこっちゃ!」と心の中で突っ込んでしまうところがあるようです。そんな牡牛座におすすめの占いは、事細かな結果を出してくれる「四柱推命」。
 
■双子座……占いに振り回されて疲れるタイプ
 双子座は本格的な占いよりも、テレビの星座占いに、SNSの占いコンテンツなどに食いつきやすく結果も重視。占いで得た情報をいち早くキャッチするのはいいのですが、いいも悪いも受けとめすぎてしまい、アクションを起こしては空回りしてしまいます。占いに振り回されやすい双子座におすすめの占いは、シンプルできっちり結果を伝える「ルーン」。
 
■蟹座……起こることは全て占いのせい
 蟹座は気になることがあったら、無料サイトやツイッターの占いbotを使ってとにかく占ってしまいます。スマホにはいつでも占いができるようにアプリも装備!しかし、いいことがあったら占いのおかげだと喜び、悪いことがあったら占いのせい……と起こることすべてに占いを関連づけようとします。おすすめの占いは、気持ちを読み取りやすい「タロット」。
 
■獅子座……占いの結果にいちいち文句
 占いは好きだけど、一言いいたくなるのが獅子座。占いの結果に心のどこかで満足していなければ、どんな結果であれいちいち文句をつけたくなってしまいます。いい結果であればそれにツッコみ、悪い結果であればキレる一面も。そんな獅子座のおすすめの占いは「ビブリオマンシー(本占い)」。本をパラパラとめくり、止めたページがあなたのその日のヒントになります。
 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング