1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 面白ネタ

【心理テスト】初めての犬の散歩でわかる! 自分の感情をコントロールできているかどうか

占いTVニュース / 2018年4月13日 18時0分

写真

 人前で急に泣き出したり、怒り出したりしたことはありませんか? 自分の感情をうまくコントロールできないと、人間関係でもトラブルを引き起こしかねません。感情をコントロールできるタイプかどうか、心理テストで探ってみましょう。

【質問】
 犬を飼うことにしました。初めて散歩に連れていったら、犬はどうしたと思う?

A:おとなしかった
B:あちこちへ走り回った
C:ほかの犬と仲よくなった
D:吠えてばかりいた

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみてみましょう。

【診断できること】
「自分の感情をうまくコントロールできているか」
 本能で行動する犬は、あなたの感情を象徴しています。初めての散歩で犬がどんな様子だったか。そこからあなたが感情をコントロールできるタイプかどうかがわかります。

■A:おとなしかった……自分の感情に振り回されない
 初めての散歩なのに、犬がおとなしかったと思ったあなた。おとなしい犬は冷静で落ち着いた心の象徴です。あなたはあまり感情的にならない人。たとえ、怒りや悲しみが心にわいてきたとしても、自分の中でうまく処理して、外には出さないようにするでしょう。そのため、いつどんなときも、誰に対しても態度が変わりません。

■B:あちこちへ走り回った……自分の感情に振り回されやすい
 あちこちへ走り回る犬は、暴走する心をあらわしています。あなたは、自分の感情に振り回されやすいタイプ。被害妄想が強く、ちょっとしたことで落ち込んで、無気力になってしまいます。物ごとを大げさに捉え、1つのことで頭がいっぱいになりがちです。そのせいで、大事なことに気がまわらなくなることが多いかもしれません。 

■C:ほかの犬と仲よくなった……人前では感情をコントロールしている
 犬が通りすがりの犬と仲よくなったと思ったあなた。社交性があって、明るく朗らかなタイプのようです。自分1人でいるときは、怒りにまかせて物にあたったりするかもしれません。けれど、人前では感情をうまくコントロールして、無難に振る舞うことができるよう。あなたと一緒にいると楽しいし安心できる、そう思っている人が大勢いるはずです。

■D:吠えてばかりいた……ヒステリーを起こしがち
 犬がずっと吠えていたと思ったあなた。怒りっぽく神経質で、ちょっとでも気に入らないことがあると、ヒステリーを起こしやすいタイプです。プライドが高く、本当は自分に自信がないのかもしれません。なので、人にバカにされたと感じたら、感情を爆発させてコントロール不能になってしまうことが多いでしょう。

 感情のコントロールは、まず自分を知ることから。人と関わることで、自分の感情の変化を感じ取ってみましょう。
(紅たき)

>>NEXT:【心理テスト】ベッドカバーを新調するならどれ? 答えでわかる精神的お疲れ度

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください