1万円でもアウト!? 彼にドン引きされる「プレゼントおねだり額」とは

VenusTap / 2014年12月7日 20時40分

写真

異性への贈り物って選ぶのに多少苦戦するものの、相手の喜ぶ顔を想像するとワクワクと幸せな気持ちになりますよね。そしてついでに「彼は何をくれるのかな?」と、やっぱり気になるのが彼からのプレゼント。あなたは自分から欲しいものをおねだりするタイプですか?

そこで今回『VenusTap』が、一般男性500人を対象に「付き合いたての彼女から、クリスマスにねだられると引いてしまうプレゼントの金額は?」というアンケート調査を実施(協力:クリエイティブジャパン)。そこで明らかになった、男性の意外な本音をご紹介します。

この冬、彼と初めてのクリスマスを過ごす予定の人も、片思い中の彼にデートの誘いを受けた人も、来たる一大イベントを前にこのアンケートを参考にして、彼の心変わりはなんとしてでも避けましょう!

■“ねだる”行為自体に男性はがっかり!

このアンケートで最も多かった回答は、27%が答えた「金額に関係なく、プレゼントをねだられたら引く」というものでした。「どんなに安くても!? 」 と、不服に思った人もいるのではないでしょうか。

理由としては、「プレゼントは送る側の気持ちが大切なのに、なんで自分からねだるの?」「何も言ってこない子こそプレゼントしたい」「“お金目的なの?”と人間性を疑ってしまう」など、厳しいものが多数。「いくら安くてもねだる女は嫌い。サヨナラしたくなる」という声もちらほら。

「可愛くおねだりすれば彼が喜ぶかも!」なんて甘い考えの人は要注意です。

■彼の収入を無視するようなおねだりは論外!

次に多かったのが、13%の票を集めた「10万円以上」という答え。中には、これくらいの金額を意中の女性ためにポーンと使う人もいるかもしれませんが、やはり多くの一般男性にとってこれは相当高額なよう。

「生活できなくなる」「プレゼントの域を超えている」「これだけ稼ぐのにどれだけ働かないといけないか、ちっともわかっていない」などドン引きする男性が多くみられました。

さすがに付き合いたてでこの金額のものをおねだりされると、この先思いやられるのも仕方ありませんね。

■1万円のハードルは、思った以上に高い!?

ここで特記すべきことは、10万円とはいかなくても、“1万円”を超えるプレゼントを買うには、それなりの深い付き合いを前提条件にする男性が多かったということです。

「1万円以上2万円未満」だと引く男性が11%、「2万円以上3万円未満」でも11%と、同率3位になりました。悲しいかな、付き合いたてでも「好きだから」というだけで財布の紐が緩む男性はむしろ少数派なようです。

また、多くの場合、男性はプレゼント代だけでなく、ディナーからホテル代なども負担しなければならないのを忘れてはいけません。それらの予算を考慮した上で、プレゼントの金額を決めるという現実的な男性もやはり多いようです。

今回の結果が全てではありませんが、付き合いたての彼には極力プレッシャーを与えない方が良さそうですね。逆に、ただ一緒にクリスマスを過ごせる喜びを伝えるだけで、彼は無条件で素敵なプレゼントを贈りたいと思うのでは!?

VenusTap

トピックスRSS

ランキング