どんな高級車でもNG!ドライブで女子の93%がガッカリすることは

VenusTap / 2014年12月1日 12時40分

写真

「あなたの理想のデートはなんですか?」と聞けば、「彼の車の助手席に乗って、海岸をドライブしたい……」と、遠い目をする女性も多いはず。

しかし、たとえ好きな彼とのドライブデートでも、車に足を踏み入れた途端「うっ……ナイわ!」と、一気に熱が冷める場合もありうる。

女性の気持ちを左右するのはいったい何だろうか。P&Gの消臭剤、芳香剤『ファブリーズ』が、20~30代の未婚女性300人を対象に行った調査を検証しよう。

■車種より大切な条件とは

調査によると、イマドキの女性たちは視覚より嗅覚を重視するらしい。

「ドライブデートのNGポイントは?」という質問では、1位がダントツで「車内が臭い」(85%)。2位が「車内外が汚い」(76.3%)、3位は「車内の空調や音量などについて気遣いがない」(67%)だった。

「ドライブデートで車が臭かったらどう思うか」という質問では、「たとえ高級車でもがっかりする」(93%)という意見が1位。2位は「相手への好感度が下がる」(84.3%)、3位が「他の部分がよくても“ダメなデート”という結論になる」(57%)という結果に。

“外車でゴージャスに”というより、「普通の国産車でいいから、清潔でいい匂いの車でドライブしたい」という現実的な女性が多そうだ。

また、「ドライブデート時のクルマで重視するのは?」という質問では、1位が「車内の臭い・香り」(91%)、2位が「車内外のきれいさ」(85.7%)、3位が「車内に貼ったり、置いてあるもののセンス」(48.3%)そしてやっと4位が「車種」(38%)。

とはいえ、“車種が重要”との意味はすなわち“高級車がいい”ではないようで、“高級車であること”という回答は12%にとどまった。男性は、モテるために外車を購入する必要などないのである。

■予想外に多い女性の“クリぼっち”

同じ調査で、女性たちに「今年のクリスマスを誰と過ごすか」と聞いたところ、1位が恋人(34%)。しかし2位以降は「ひとりで過ごす」(16%)、家族(14.7%)、同性の友人(3%)など、全体の66%が「恋人と過ごす予定がない」と判明。

恋人と過ごす予定のない人を対象にした「クリスマスデートに誘われたいか」という質問には「誘ってほしい」(82.3%)が圧倒的。「クリスマスにドライブデートしたいか」は、85%が「行きたい」と回答している。

マーケティング評論家の牛窪恵さんは、この結果について「クリスマス、若い女性がカレにブランドジュエリーをもらい、高級外車の助手席に座るのを“ステイタス”と捉えていた時代も、いまは昔」と分析する。

「いまの20~30代女性はエコで堅実、五感に敏感で、“他人への見栄”より“自分自身の心地の良さ”を重視します。クリスマスにも派手すぎるデートは求めず、室内や車内の空間で“ほっこり癒されたい”“ゆったり寛ぎたい”と考えます」とのことだ。

以上、独身女性たちがドライブデートで気にすることと、クリスマスの予定に関する調査結果をご紹介した。

女性たちもただ待つだけでなく、お目当ての独身男性がいたら、彼の車を褒めたり、さりげなく予定や趣味を聞き出したりなどして、誘われる方向に持って行ってはいかがだろうか?

VenusTap

トピックスRSS

ランキング