プレゼントなしでも楽しく! 「クリスマス貧乏」を回避する節約術3つ

VenusTap / 2014年12月15日 17時40分

写真

いよいよクリスマスが目の前に迫ってきた。「本腰を入れてクリスマスの準備に取り掛からなきゃ!」とソワソワしている人も多いだろう。仲間や恋人、家族で過ごすその2日間のために、買うものは山ほどある。みんなへのプレゼントに、おしゃれなツリーに、料理の材料、ケーキも予約して……っていくらかかるんだ!

米『National Trade Federation』が行った調査によれば、アメリカ国民の今年のクリスマスプレゼントの予算は、なんと9万円前後だそうだ。ちょっと高すぎる気もするが、他人事ではない。

そこで今回は『The Wall Street Journal 』で紹介している“出費を抑える方法”を参考に、お金をかけなくても素敵なクリスマスを過ごせる秘訣を知っておこう。

■オリジナルイベントをつくる

家族一人ひとりにプレゼントをあげるのは、お金も時間もかかる。そこで、“全員まとめて素敵なレストランに連れて行く”といった、オリジナルのイベントをつくってしまうのだ。

決して高級である必要はなく、変わった雰囲気を味わえたり、面白いサービスをしてくれたりするようなお店ならどこでもいい。毎年どこに連れて行くのかを内緒にしていると、ワクワク感も味わえ、3年もたてば家族の恒例行事になるはずだ。

■自分にとって一番大切な“大きなお金の使い道”を決めておく

人生の中で“最終的には何にお金を使いたいのか”を明確に決めておくというもの。ゴールさえ決めていれば、クリスマスに限らず、何かのイベントのたびに痛い出費をするなんてことは防げるはずだ。

例えば、彼氏と2人で海外旅行に行くという共通の目標を立てれば、わざわざ高いプレゼントをお互いに贈らずに済む。そればかりか、自分にとって何が大事かを常に考える癖もつくのだ。

■一生記憶に残ることを一緒にやる

子供のころに貰ったプレゼントをすべて覚えているだろうか? 意外にも「思い出せない」という人の方が多いだろう。節約の専門家であるジェフ・イェーガー氏によると、多くの人の場合、誰と何をしたかという“思い出”を懐かしむことはあっても、何を貰ったかはあまり記憶に残らないという。まさに“物より思い出”というわけだ。

みんなで映画を観て泣いたり笑ったり、トランプ遊びをするだけでも十分楽しいクリスマスになるだろう。

ケチくさいと言えばそれまでだが、こういう安上がりのクリスマスも、工夫次第では最高の日になるはず。我が家オリジナル、仲間うちオリジナルのクリスマスを楽んでみてはいかがだろうか。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング