最終回直前!「BanG Dream!(バンドリ!)」キャストからの独占メッセージ公開

Walkerplus / 2017年4月21日 20時38分

写真

(左から)りみ、沙綾、香澄、有咲、たえの5人が“Poppin’Party”を結成。/© BanG Dream! Project

等身大の女子高生5人が結成したガールズバンド“Poppin'Party”(ポピパ)。練習に励む彼女たちが、メンバーの抱える問題に向き合い絆を深める青春アニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」。4月22日(土)の第13話で最終回を迎える同番組から、ポピパの5人を演じるキャストがスペシャル・コメントを寄せてくれた。最終回の見どころ、印象的だったシーンなど、劇中の5人同様にバンドを結成し、日本武道館ライブも控える彼女たちの熱い思いを、しっかり受け止めよう。

愛美(ギター&ボーカル・戸山香澄 役)

(アニメ「BanG Dream!」魅力は?)香澄たちがバンドを結成するまでのストーリーが感動的です! 困難を乗り越える時に、背中を押したり、手を引っ張ってあげたり、仲間の尊さに気づける物語です! (印象的だったシーンは?)香澄の声が出なくなってしまい、ライブハウスに出演するためのオーディションに向けて、メンバーが1つになるエピソード(第11・12話)。バンドに大切な、お互いを支え合える信頼感を彼女たちは手に入れることができたのではないかと思います! (最終回の見どころは?)楽しいだけでは乗り越えられないこともある。でも信じて乗り越えた先にはキラキラドキドキすることが待っている。信じて続けることの強さをPoppin'Partyに教えてもらいました。最終話ぜひ見届けてください!

大塚紗英(ギター 花園たえ 役)

(アニメ「BanG Dream!」魅力は?)等身大の女の子達の繊細さ、それぞれの葛藤、それをバンドを通じて仲間と乗り越えていく姿が描かれている作品です。多彩な音楽やライブシーン、キラキラの青春が魅力的な作品です! (印象的だったシーンは?)初めて5人で演奏した文化祭のシーンにはとても感動しました(第8話)。私たちキャストのバンドも、最後に加入したのは沙綾役のはっしー(大橋彩香ちゃん)だったので、アニメとリアルの世界がリンクしたように感じました。(最終回の見どころは?)香澄が歌っている「キミ」って、誰に向けた歌なんだろう。特別な「最後」のステージで、5人はどんな思いで演奏をするんだろう。いままで応援してきたバンドリーマーのみんなに、「応援してきてよかった!」って思ってもらえたらうれしいです!

西本りみ(ベース・牛込りみ 役)

(印象的だったシーンは?)香澄ちゃんの声が出なくなってしまった時、公園で歌い分けを提案したことで、また歌えるようになったシーン(第11話)です。4人をずっと引っ張ってくれた香澄ちゃんを次は助ける番。そして5人が1つになっていく姿に感動しました。(最終回の見どころは?)困難をいっぱい乗り越えてきたポピパちゃんたちが、ついに立てることになった憧れのステージで、どんな絆を奏でてくれるのか、ここに来るまでの彼女たちの頑張りを見守っていてくれたみなさん、バンドを通して成長したその姿を、最後まで見届けてあげてください! (武道館ライブへの意気込み)簡単に立てるステージでは無く、それこそ、アニメと同じく『憧れのステージ』でした。そんなバンドマンとしての聖地に立たせていただけることになった以上、とにかく熱く、楽しく、最高のライブにしたいと思っています!一人一人の胸に届く、最高の時間を一緒に過ごしたいです!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Walkerplus

トピックスRSS

ランキング