ユーリ!!! 集大成イベントで、完全新作劇場版 製作発表に5万人超のファン大絶叫!

Walkerplus / 2017年4月30日 10時32分

写真

「ユーリ!!! on STAGE」のキービジュアル/(C)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

 社会現象ともいわれる大ヒットとなった、男子フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」の集大成イベント「ユーリ!!! on STAGE」が、4月29日舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)と、全国136劇場180スクリーンにて、昼の部、夜の部と開催された。

19時からの夜の部では、同作のオープニング曲 ディーン・フジオカの「History Maker」で始まり、12名の声優陣が各自の役のセリフと共に次々と登場し、それぞれのセリフに観客は笑い、大いに受けた。そして最後に主人公 勝生勇利役の豊永利行が名セリフをもじって「今日は、会場中に僕の愛を見せつけるから」というと、客席からは大きな歓声が上がった。

全キャストで開会宣言をしイベントはスタートした。その後各声優が順に挨拶する中、諏訪部順一が本日の軽装な衣裳について、自身の役ヴィクトルの発売されるフィギュアに合わせたと語り同じポーズを決めると甲高い歓声があがった。さらに、原案者の久保ミツロウも登場し「ジェットコースターのような「ユーリ!!! on STAGE」から振り落とされないように、一緒に楽しみましょう!」という挨拶で締めくくった。

最初のコーナー「自分を好きになって・・・ ポポーヴィッチのカラボスの部屋」では、ポポーヴィッチ役の羽多野渉と久保ミツロウが、チーム分けされたキャスト陣と事前に各自が選んだ「それぞれのお気に入りシーン」にまつわるトークを展開した。

「ただただ可愛いチーム」に選ばれた、若手スケーター役の村瀬歩、土岐隼一、本城雄太郎にまざって、クリストフ役の安元洋貴が選ばれた理由が「クリスのお尻がかわいい」ということで会場は大きな笑いで包まれた。そしてそのお尻がクローズアップされたシーンを選択した安元に対して、久保が「クリスは顔より先にまず尻を描いた」と話し、安元が「尻をピカピカに磨いてきおきます」と答え会場は大いに盛り上がった。

次のチーム「唯我独尊!マイペース!チーム」に選ばれた、諏訪部順一、小野賢章、日野聡は、チーム名の通りマイペースにうろうろしながら登場し笑いを誘った。ピチット役の小野賢章は、親友の勇利とヴィクトルに「結婚おめでとうー」というセリフを選び、映像が流れると観客は大いに沸いた。小野は「あのセリフを純粋にいえるのはピチットらしい。台本を読んだ時このセリフは話題になると思ったので」と選んだ理由を話した。久保も先日行われたオールナイト上映会でもこのシーンで拍手がなりやまず、ピチットが視聴者の気持ちを一番言ってくれたと答えた。

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング