【神戸観光】ローストビーフ丼に熟成肉ステーキ!神戸で人気の肉グルメ8選

Walkerplus / 2017年5月20日 6時0分

写真

「広島県なかやま牛サーロイン」(1836円/100g)。オーダーは200gから(※写真は400g)/ギャロ バンガロー

神戸はいま肉ブーム!食べ応え満点のステーキをはじめ、話題のローストビーフ丼、牛カツやハンバーガーなど、肉が主役のニューフェイスがめじろ押し。そこで、編集部・取材スタッフが実食調査して選んだオススメ店を紹介。贅沢な味わいと驚きのコストパフォーマンスを体感しよう!<※情報は神戸ウォーカー(2016年9月9日発売号)より>

■ 予約必須のビストロで肉好きもうなるステーキを!

「ギャロ バンガロー」は、三宮で予約が取れない人気店として知られる「ビストロ ギャロ」が、2号店を北野坂の一軒家にオープンした店。なかやま牛や熟成肉のステーキをはじめとした、肉好きもうなる逸品がそろう。おもに国産牛で、赤身がメイン。要予約。

「広島県なかやま牛サーロイン」(1836円/100g)。脂が多い部位は特に多めの油を熱して表面をカリッと揚げ焼きにして肉汁をギュッと閉じ込める。中身はレア、ミディアムレアの3層に仕上げる。揚げ焼きにした赤身肉は、岩塩かニンニク入りマスタードで。表面はカリッと、噛むとしっとりと柔らかな弾力。オーダーは200gから(※写真は400g)。

前菜はほとんどが盛り合わせでの提供。メインのお肉を選んだら、箸休めには「旬の苦味野菜のサラダ」(1296円)を。

クラシックで独特な雰囲気の2階。1階はカウンター席のみ。隠れ家風の外観。要予約なので、ゆったりと落ち着いた時間を過ごせる。

「肉オンリーなのでおなかをすかせてガッツリと食べてください。また1階と2階では店内の雰囲気も異なるので、違いを楽しんで」と、スタッフの森本風菜さん。

■ギャロ バンガロー<住所:兵庫県神戸市中央区加納町3-12-7-2 電話:078-200-5464 時間:18:00~23:30(LO22:30) 休み:不定休 席数:25席 駐車場:なし 交通:各線三宮駅より徒歩8分>

■ 希少な黒毛和牛のハネシタに3種の特製ダレを絡めて!

「KOTOBUKI」は、黒毛和牛専門店「神戸肉匠 壱屋」がプロデュースする肉バル。人気のローストビーフ丼は希少部位のハネシタを贅沢に使用。ランチは名物の牛スジカレーやステーキランチなどをお値打ちに。夜は丹波地鶏を使った一品などもあり。

「ローストビーフ丼(大盛)」(1080円)。ご飯の上に味噌ダレと特製マヨネーズが。肉の上には甘口醤油ダレを仕上げにかけて。肉はブランドにはこだわらず、特選和牛A5ランクの肉を鉄板で焼く。ジューシーで柔らかい牛肉を、昼夜問わず提供している。

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング