アロマがもたらすバラ色の日々!アロマセラピーでできること

Walkerplus / 2017年6月19日 19時25分

写真

もっとも手軽でベーシックな芳香浴

アロマのある男性の生活とは一体いかなるものか?アロマをこよなく愛するエディター・押条良太が実践するアロマライフを披露し、アロマセラピーでできることを伝授。自分だけでなく、家族もハッピーにする「俺のアロマ」を紹介てくれた。

■ <1>AROMA LAMP もっとも手軽でベーシックな芳香浴

これぞアロマセラピーの王道。ライトの上にエッセンシャルオイルを垂らすと、電球の熱によって香り成分が部屋中に拡散される仕組み。わが家ではそれぞれの部屋にランプがあって一日中シーンに合わせて焚いている。夕方のリビングでは幸福感をもたらすローズ、夜の子供部屋には鎮静のラベンダーといった具合に。仕事部屋ではクリアな香りで集中力を高めるレモンやユーカリの組み合わせが多いね。

【HOW TO MAKE】

アロマランプをコンセントにセットして、上部のくぼみにエッセンシャルオイルを2~3滴ほど垂らしてスイッチオン。エッセンシャルオイルを2~3種類組み合わせてブレンドを楽しむのもオツ。

■ <2>FRAGRANCE 自分好みのフレグランスを簡単に作れる

香水を自分で作るなんて…。最初はそう思っていたけれど、思いのほか簡単でびっくり。無水エタノールを入れたビーカーに好きなエッセンシャルオイルを加えて混ぜるだけ。香りのブレンドを考えるのが楽しくて、バリエーションは無限大。誰かに「いい香り」と言われると、センスをホメられたみたいで無性にうれしい。

【HOW TO MAKE】

1.紙片にエッセンシャルオイルをつけてブレンドを決める。ムエットと呼ばれる細長い紙を使うと便利。

2.無水エタノール(小さじ2・10ml)にオイル(20滴以下)を入れて混ぜ、保存容器へ。肌につけるため、希釈濃度は10%以下にしよう。

■ <3>BATH OIL エッセンシャルオイルの力を“全身”で感じる

仕事でクタクタになった夜はバスオイルを入れたお風呂に浸かってリラックスする。お湯は38~40℃のぬるま湯で、エッセンシャルオイルは疲れた心に元気を与えてくれるローズマリーや緊張や不安を和らげるフランキンセンスがマイ定番。香りだけでなく、肌からも有効成分を吸収できるのがバスオイルのメリットだ。

【HOW TO MAKE】

1.キャリアオイル(小さじ2・10ml)を器に入れる。

2.エッセンシャルオイル(1~5滴)を加えて混ぜる。浴槽のお湯に混ぜて溶かして使う。キャリアオイルのかわりに岩塩を使ってバスソルトにしてもOK。原液のまま使うのはNG。

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング