よーい、スタート!「京都国際映画祭2018」世界遺産・西本願寺で開幕

Walkerplus / 2018年10月12日 21時39分

写真

京都国際映画祭アートプランナーのおかけんたと、アーティストたち。アート展示は京都の北から南まで、広いエリアに点在する

10月11日(木)、「京都国際映画祭2018」が開幕した。5回目の節目となる今年は、昨年に引き続き世界遺産の西本願寺でオープニングセレモニーを実施。セレモニーに先立ち、レッドカーペットでは関係者や出演者、アーティストらのインタビューも行われた。

本映画祭のアートプランナーを務めるおかけんたは「勝負ネクタイ」デザイン公募展を担当したミキの2人、藤井大丸で「FLOWER CHILDREN SECOND」を展示している米原康正、元淳風小学校にアート作品「巨人の歯」を展示する山本麻紀子、今いくよ・くるよのフィギュアをアート化した作品などを京都競馬場や崇仁新町などで展示するpadGALLERYの2人、ライブパフォーマンスやワークショップなども行う書家の山内美鳳らと登場。「夢あるなぁ」というテーマについての質問を受け「若者からどうやって夢を描いたらいいのかわからないという声を聞いた。そこで、今年は、ひとりが夢を見るだけでなく、みなさんで共有して、みなさんで楽しんでいただくことをひとつの夢と考えた。そういったものが次の世代に受け継いでいただけたら」と期待をかける。

また、「京都国際映画祭」がアートに力を入れていることについては「映画の大道具、小道具が伝統工芸からスタートしていることを知り、広い意味でのアートや工芸を楽しんで美術館に行ったりするきっかけになれば」と語る。

また、今回の映画祭では2015年9月に国連で採択された世界共通の目標「SDGs(エスディージーズ)」を伝えることにも力を入れている。SDGsはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で、この地球を次世代につないでいくために採択された、世界共通の17の目標を言う。本映画祭ではこれと連携し、10月12日には「SDGs花月」と題し、新喜劇やお笑いにSDGsの17の目標を織り込み、笑いとともに伝えていく。西川きよしは「SDGsの17項目を新喜劇や漫才のネタにするのは本当に難しいと思うんですが、もっともっとこれからも、笑いを通じて広めていきたい」と意気込む。

本映画祭では特別招待作品やワールドプレミアも上映される。「あいあい傘」がワールドプレミアとなる宅間孝行監督は「小道具や映像から、いろんな所に日本を意識してもらえるよう作り込んだ。主演の倉科さんも大熱演なのでそこも期待して」と自身のほどをのぞかせる。共演のトミーズ雅も「本当にいい映画で、泣けます。泣きたい人はぜひ」と自信満々だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Walkerplus

トピックスRSS

ランキング