西武園ゆうえんちのイルミと“夜スキー”の組み合わせ!

Walkerplus / 2014年11月14日 10時0分

写真

エリアを拡大したイルミステージ。20分ごとに行われる、光と音楽のショータイム「光のシンフォニア」の演出もスケールアップ。写真左には新スポット「叶えの樹」がひときわ輝く。

西武グループが運営する遊園地、西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)は、 11月14日(金) の“埼玉県民の日”に大人1100円、子ども500円の入園料を当日のみ無料にする。県民の日ということもあり対象者は県民だけかと思いきや、なんと誰でも入園料が無料!16時以降に販売されるイルミネーション入園料(大人900円、子ども500円)も無料となる。アトラクション乗り放題のフリーチケット半額(年齢の条件あり)など、埼玉県民以外の人でもお得に楽しめる日となっている。

10月31日から始まったイルミネーションは5年目を迎え、LED電球は2013年の220万個から300万個と大幅に増加。関東最大級のイルミネーション「イルミージュ」としてスケールアップを果たし、2015年4月5日(日)まで実施する。光の森を象徴する「叶えの樹」(高さ約20m)と、約2000個のキャンドルで作られたイルミネーションが階段を灯す「光のスカラ フォレスターレ」の2つが新たに登場。

これからの冬のシーズンに最適な室内スキーゲレンデ「狭山スキー場」も近隣にあるので併せて楽しみたい。2014年で55周年を迎えた同スキー場では、圏央道開通記念として、11月28日(金)までの平日限定で神奈川県と静岡県の在住者を対象に、割引きキャンペーンを実施中。さらに、週末は22時から翌6時までオールナイト営業をしているので、西武園ゆうえんちと組み合わせての利用がおすすめだ。【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング