新名物誕生!へべす明太子×チキン南蛮カレーって?

Walkerplus / 2014年11月21日 14時24分

写真

「サラ忍マン」(宮崎県日向市、写真左)、「くのいちOL娘。」(福岡県福岡市、同右)、「チキン南蛮カレーのルウ王子」(宮崎県都城市、同中央)の3人が、レシピ制作から参加して作り上げた

カレー界の風雲児、カレー倶楽部ルウが驚きの新メニューを誕生させた。その名も「宮崎へべす明太子タルタルチキン南蛮カレー」(990円※一部店舗により価格が異なる)だ。カレー倶楽部ルウは、本店を宮崎県に構える創業35年の老舗カレー店。今回新発売となる同商品は、宮崎のご当地グルメ「チキン南蛮カレー」をさらにバージョンアップさせたメニューである。

約30種類のスパイスを効かせた濃厚なルーと、秘伝のタレで味付けされた宮崎県のご当地料理、チキン南蛮を組み合わせた都城市発祥の「チキン南蛮カレー」。これに必須アミノ酸が8種類も含まれている宮崎県日向市特産の柑橘系果物“へべす”でアクセントをつけた、福岡県産の「へべす明太子」の特製タルタルソースがチキン南蛮に見事にマッチ。一度食べたらやみつきになる味だ。

同商品と一緒に「第5回からあげグランプリ」チキン南蛮部門で金賞受賞の「チキン南蛮」と、「第2回コロッケグランプリ」西日本ポテト部門金賞受賞の「のび~ルウ4種のチーズコロッケ」がのった「ダブル金賞カレー」(1000円)も新たに登場する。

新メニューは、11月13日からカレー倶楽部ルウの都城本店(宮崎県)、渡辺通り店(福岡県)、神田関東総本店(東京都)の3店舗で販売しているので、最寄りの店舗へ足を運んでみてほしい。今後も勢いが増すであろうカレー倶楽部ルウから、目が離せない。【福岡ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング