新語・流行語大賞とコラボ!人生ゲームで2014年を総括

Walkerplus / 2014年11月19日 12時33分

写真

“新語・流行語大賞”とコラボした最新作「人生ゲーム オブザイヤーII」(税抜3990円)。2014年の色々な話題が詰め込まれいて、ゲームを楽しみながら今年一年を振り返ることができる/(C) 1968,2014 Hasbro. All Rights Reserved. (C)JIYUKOKUMINSHA.All Rights Reserved. (C) TOMY

タカラトミーのロングセラー盤ゲーム“人生ゲーム”に最新作が登場。2014年の“ユーキャン新語・流行語大賞”とコラボした「人生ゲーム オブザイヤーII」(税抜3990円)が、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップなどで11月20日(木)から発売となる。

ルーレットを回してマス目を進み、就職や結婚など人生の様々なイベントを経て億万長者を目指す“人生ゲーム”。そのシリーズ56作目となる本商品には、増税や待機児童問題といった社会的な話題から、毒舌タレントや作曲家、動画クリエーターなどあの注目された人物の職業まで、2014に色々と世間をにぎわせた内容が盛りだくさんだ。

■マス目

マス目のコピーには、“ありのままの姿に場が凍りつく”や“ゴーストライターがナイショを暴露”“突然号泣”など、2014年に注目を集めた話題がてんこ盛り。また、保育所の空きを待つことなく子供を預けて共働きコースに進むことができる“待機児童減少マス”など、身近な社会問題もマスに反映されている。

■いいねカード

カードやマス目の内容に応じて、ゲーム参加者全員で“いいねカード”をやり取り。集めた“いいね”の数でも勝敗が左右されるという。

■増税・減税

ゲーム内で“増税・減税”が変化すると、職業によって給料が増減。税制が、参加者1人1人に反映されるところは、現実世界と一緒でシビア。

■トレンドカード

“新語・流行語大賞”ノミネートワード発表後と来春の2度のタイミングで、WEB連動によるトレンドカードの内容の更新が可能。購入後も最新ワードを反映させて遊ぶことができる。

また、毎年“新語・流行語大賞”を選出している新語年鑑“現代用語の基礎知識”とのコラボにより、マス目やカードに登場する新語を分かりやすく解説してくれる同書の小冊子が付属。今年の新語について、楽しみながら理解を深めることができる商品となっている。

2014年の話題を総まとめした本商品で、家族と一緒に今年一年を振り返りながら、年末年始を楽しく過ごそう。【東京ウォーカー】

※対象年齢:6歳以上

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング