冷凍みかん味の“新幹線キットカット”が限定発売

Walkerplus / 2014年11月19日 13時41分

写真

東海道新幹線の開業50周年限定フレーバーとして登場。歴代の新幹線が個包装にプリントされている

ネスレ日本と東海キヨスクがタッグを組み、11月14日から発売している「キットカット ミニ 冷凍みかん味」(12枚入り、税抜1000円)が話題を呼んでいる。

1955年に小田原駅のキヨスクで発売された冷凍ミカンは、学校給食の定番メニューとしても知られている。今回はその冷凍ミカンをキットカットのフレーバーとして初採用。ミルクチョコレートにミカンの香料を効かせた、甘酸っぱいキットカットが楽しめる。冷凍ミカンのように冷凍庫で冷やしてから食べるのもおすすめだ。

また、3年ぶりに新幹線形のパッケージが復活しており、それも話題に。東海道新幹線50周年に合わせ、現在も活躍しているN700系と、“新幹線の医者”と言われるドクターイエロー、初代新幹線で丸い顔がチャームポイントの0系で構成されている。N700系の中からドクターイエローが、その中から0系をモチーフにしたパッケージが登場する、マトリョーシカのようなユニークな作り!さらに0系の中から、歴代の新幹線がプリントされた個包装がお目見え。

同商品は、東京・新大阪間の東海キヨスクのギフト店舗、コンビニエンスストア、売店などで販売中!【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング