国産果実デザート第3弾はキウイ!ロイヤルホストから新パフェ登場

Walkerplus / 2014年12月2日 17時26分

写真

キウイは、愛媛県を中心に佐賀県や愛知県、福岡県、和歌山県などの新鮮な果実を使用。彩り豊かな「国産キウイのブリュレパフェ」(842円)

ロイヤルホストは12月10日(水)から2015年1月中旬まで、旬のフルーツを使った期間限定デザート2種類を、全国のロイヤルホスト店舗で発売する(果実の収穫状況などにより、販売終了時期が予定と異なる場合があり)。

1つ目は「国産キウイのブリュレパフェ」(842円、一部価格が異なる店舗があり。11:00~24:00までの販売)。12月に食べ頃を迎える国産キウイ2種類を使用したデザートで、ロイヤルホストで現在展開中の“旬の国産フレッシュフルーツを使った季節限定デザート”第3弾となる。糖度が高くジューシーなゴールドキウイと、甘味と酸味のバランスが良いグリーンキウイをセレクト。デザートの表面はキャラメリゼしたクリームブリュレで、スプーンですくうとキウイやバニラ&カシスクリームのアイスが登場!クリーミーな口当たりのヨーグルトや、ザクザクとした食感のグラハムビスケットも入っており、食べ応えあるパフェとなっている。

2つ目の「タルトタタン」(842円、一部価格が異なる店舗があり)は、フランス中部発祥の伝統的な焼き菓子。パイ型の中にバターと砂糖でキャラメリゼしたリンゴを敷きつめ、タルト生地をかぶせて焼き上げている。ほろ苦く甘酸っぱいリンゴの深い風味と、サクッとした歯ざわりのパイ生地が相性抜群!コーヒーにもよく合うスイーツだ。

今日は自分を思いっきり甘やかしたい…、そんな時はロイヤルホストの贅沢フルーツデザートで、至福のひとときを過ごしてみては?【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング