太陽の塔に妖精が舞う!イルミナイト万博Xmasが開催

Walkerplus / 2014年12月16日 23時35分

写真

高さ70mの太陽の塔に映し出されるダイナミックな映像

大阪府吹田市の万博記念公園では、12月19日(金)から25日(木)まで、「イルミナイト万博Xmas」を開催する。太陽の塔をスクリーンにした3Dプロジェクションマッピングの他、約10万球のLED電球で飾られた“イルミストリート”などが楽しめる。

特殊な映写機を使用して、建造物に映像を投影する3Dプロジェクションマッピング。今年のテーマは「ミラクル!妖精エルソルの時空旅行」。太陽の塔に住む主人公の妖精が旅をするストーリーで、約8分間にわたり迫力のある映像と音楽が堪能できる。

また、お祭り広場ではフードイベントの「ラーメンEXPO 2014 in 万博公園」も同時に開催。第1幕から第3幕までの合計11日間行われ、北海道や東京などの人気ラーメン店、36店舗が週替わりで登場する。関西ではなかなか食べられない名店の味をはじめ、地元関西の人気店同士がコラボレーションした限定メニューなど、さまざまなラーメンが食べられる。

3Dプロジェクションマッピングの鑑賞を楽しんだ後は、冷えた体を熱々のラーメンで温めてはいかがだろうか。【関西ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング