肉とワイン好き注目の“肉酒場”が池袋に誕生

Walkerplus / 2015年9月9日 7時0分

写真

「名物 酒場のシュラスコ」(1人前842円)はマストで注文したい

9月2日、肉とワインの店「肉酒場 エコヒイキ」が池袋東口にオープン。

■ なみなみ注がれる“えこひいきワイン”

お店名物の、鉄串に刺して丸ごと焼いた肉を目の前で切り分ける「名物 酒場のシュラスコ」(1人前842円)は、仲間とシェアするのにピッタリ。牛サーロインが70g、豚肩ロース60gの合計130gとボリュームたっぷりだ。

日本酒「八海山」に漬け込んでじっくり焼いた、皮はパリパリ、中は柔らかい「八海山の酔っぱらい鶏」(518円)や、激辛に味付けされた「ギリギリホットチキン」なども見逃せない。

「ウチのお客様だけにお飲みいただきたい」と銘打って販売する、リーズナブルな「えこひいきワイン」(赤、白ともに302円)は、グラスからあふれ出るほど注がれており、ワイン好きなら心躍ること間違いなし。

9月12日(土)には渋谷センター街店もオープンする予定だ(価格等未定)。

なみなみ注がれたワインを飲みながら、名物シュラスコをほおばろう。【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング