台風13号 発達して暴風域が出現 来週は本州へ接近

ウェザーニュース / 2018年8月4日 11時10分

ウェザーニュース

4日(土)9時現在、台風13号(サンサン)は、マリアナ諸島付近を北上しています。中心付近に風速25m/s以上の暴風域が出現しました。

▼台風13号 4日(土) 9時現在
 存在地域   マリアナ諸島
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北北西 15 km/h
 中心気圧   985 hPa
 最大風速   30 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 40 m/s

台風はこのまま北上を続け、来週は本州へ接近する可能性があります。ただ、進路にかなりの幅があるため、随時最新の情報を入手するようにして下さい。

予想進路にかなりの幅

台風の進路図において「予報円」は、台風の中心が70%の確率で入る位置の範囲を示しています。
5日先の予報円を見ると、中心は東日本付近にあるものの、円の範囲は四国から日本の東まで覆う半径700kmと非常に大きくなっています。まだ進路にはかなりの幅があるということです。

複数のコンピューターシミュレーションモデルの計算結果の中には、西日本方面へ進むものから、日本には接近しない予測するもまであります。
予想は時間が近づくほど正確になりますので、今後もできるだけ最新の予報を確認するようにしてください。

台風の名前「サンサン」

サンサン(Shanshan)は、香港が提案した名称で、少女の名前が由来です。
台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング