8日(水)関東は午後から台風の影響 対策は早めに

ウェザーニュース / 2018年8月7日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東は台風接近、対策は早めに
・西日本や東海は猛暑
・北日本は太平洋側で傘の出番

関東は台風接近、対策は早めに

台風13号の北上に伴い、関東は朝から断続的に雨が降りそうです。夕方以降は南部を中心に雨、風が強まって荒れた天気になっていきます。
鉄道や航空機に影響の出る可能性があるため、帰宅や移動はできる限り早めが良さそうです。

また、深夜にかけて風雨の強い状況が続くため、屋外の飛びやすいものなどは午前中に片付けるようにしてください。

西日本や東海は猛暑

台風の影響が小さい西日本や東海は晴れて強い日差しが照りつけます。暑さが少し落ち着いた東海エリアは山越えの風となり、再び気温が上昇し、また40℃に迫るような猛烈な暑さとなりそうです。

西日本の各地も35℃前後まで上がるため、熱中症対策が欠かせません。こまめな水分・塩分補給や、涼しいところでの休憩など、体調管理は万全にしてください。

北日本は太平洋側で傘の出番

台風は離れているものの、東から吹き込む湿った風の影響で太平洋側を中心に雨の降る所が多くなります。ザーザーと強まることもあるため、大きめの傘が活躍しそうです。

また、太平洋沿岸はすでに波やうねりが高くなっていますので、十分にご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング