台風24号、30日(日)にも近畿〜九州上陸へ 西日本厳重警戒

ウェザーニュース / 2018年9月28日 16時0分

ウェザーニュース

台風24号は28日(金)15時現在、大型で非常に強い勢力を保ったまま、宮古島の南東を北西に進んでいます。

台風が接近している南西諸島では風が強まり、最大瞬間風速は糸数で29.7m/s、那覇で26.4m/sを観測しました。

▼台風24号 9月28日(金) 16時推定
 存在地域   宮古島の南東約320km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     西北西 10 km/h
 中心気圧   950 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 60 m/s

沖縄本島では暴風雨が長時間継続の恐れ

台風は29日(土)になると北から東へゆっくり進路を変え、午後に沖縄本島に最も近づきます。

このタイミングでは勢力が増し、中心付近の最大風速が50m/s、最大瞬間風速は70m/sに達する見込みです。沖縄本島では暴風雨が長時間続き、29日(土)はほぼ外出が出来ない状況となりそうです。

30日に近畿〜九州上陸へ

その後は上空のジェット気流に乗る形で加速し、30日(日)には非常に強い勢力のまま、四国や近畿を中心とした西日本に接近、上陸する恐れがあります。

世界の予想モデルもほぼ同じ予想で揃っており、西日本直撃はほぼ確実の状況です。

その後、10月1日(月)にかけて日本列島を縦断するような形で進みますので、全国の広いエリアに影響を及ぼしそうです。

台風接近前から雨強まる

西日本や東日本は29日(土)から秋雨前線の活動が活発になって、台風接近前から雨の強まる所がありそうです。

総雨量は多い所で400~500mmに達するため土砂災害や河川の増水に警戒が必要です。また、北海道胆振東部地震の影響が大きかったエリアでも、1日(月)を中心に雨が強く、100mmを超える雨量の可能性があります。

さらに台風の強風域が広いことや、速度が速いことで、進路の東側を中心に中心から離れていても暴風の恐れがあります。

中でも近畿や東海、関東、東北の太平洋側は警戒が必要なレベルの風が吹き荒れそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング