北海道胆振東部地震の被害エリア 台風直撃の恐れ

ウェザーニュース / 2018年10月6日 17時0分

ウェザーニュース

台風25号はこのあとも日本海を東に進み、加速しながら北日本に接近。
温帯低気圧へと性質を変えることで、勢力をある程度維持し、胆振東部地震の被害が大きかったエリアでも7日(日)は風雨が強まる恐れがあります。

道内で総雨量が100mm前後に達する所も

台風25号(もしくは台風から変わった低気圧)は7日(日)朝に北海道を直撃しそうです。北海道胆振地方では1時間に10~20mm(厚真町付近は5~10mm)の強い雨が降り、総雨量は100mm前後(厚真町付近は40~60mm)に達する恐れがあります。

地震によって地盤が緩んでいる所では、新たな土砂災害が懸念されるため、予め避難をするなど警戒が必要です。

強い風にも警戒を

また、風も瞬間的には20m/s前後と強まります。7日(日)朝から急激に風雨は強まるため、避難や対策は6日(土)のうちに済ませると良さそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング