秋も注意!? 花粉症を引き起こす植物と飛散シーズン

ウェザーニュース / 2018年10月11日 11時0分

ウェザーニュース

つらい鼻詰まりや目のかゆみ…花粉症の方は思い浮かべるだけでもムズムズしそうですね。

花粉の飛散シーズン

花粉症といえばスギやヒノキなど春花粉を思い浮かべる方が多いと思いますが、花粉症は春だけじゃありません。

最近花粉、感じてる?

2017年10月4日実施の調査結果(参加者:8,031人)

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で秋に花粉を感じているか調査したところ、3割の人が秋花粉を「感じている」と回答。
頂いたコメントを見てみると…

■9月の末頃から、朝晩だけクシャミと鼻水に悩まされています。朝目覚めると喉が痛~い。
■とうとう秋の花粉に反応するようになってしまった…(・_・;)

「秋の花粉がつらい…」「秋の花粉症デビューしたかも」などの声が寄せられました。

秋の花粉症の犯人

    

■ブタクサ
日本国内ではスギ、ヒノキに次ぐ患者数が存在するとされ、秋の花粉症では代表的なアレルゲンである。(wikipediaより引用)

■ヨモギ
繁殖力が強く、平地から高山まで全国に広く分布。

■カナムグラ
茎や葉には丈夫な棘がついています。どのツル植物でもそうですが、棘は下向きについています。秋花粉の元凶の一つです(ウェザーニュース会員より)

※飛散時期:8月〜10月秋の花粉症の原因となるこれらの植物は、公園や道端、空き地など市街地でも目にすることができます。
スギやヒノキよりも身近にある分、より注意が必要かもしれませんね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング