10日(水) 西から雨のエリア拡大 気温差にも注意

ウェザーニュース / 2018年10月9日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本はザッと降る雨の後、空気がヒンヤリ
・北日本、北陸は帰り道に傘の出番
・関東、東海 昼間は汗ばむ体感

西日本はザッと降る雨の後、空気がヒンヤリ

 前線が通過するタイミングで雨の降る所が多くなります。

 中四国は午前中から雨が降りやすく、その他の各地も午後は雨が降りそうです。

 一時的に雷を伴いザッと強まることがあるので、大きめの傘があると安心です。
 
 また、雨が降り出すと気温が下がり、ヒンヤリと感じられる所が多いので、服装選びにもお気をつけください。

北日本、北陸は帰り道に傘の出番

 北日本や北陸も低気圧や前線の接近で天気は下り坂です。

 夕方頃までに雨の降り出す所がほとんどで、お出かけの時に降っていなくても、お帰りの時間帯は傘が活躍します。

 最低限、折りたたみの傘は用意しておきましょう。

関東、東海 昼間は汗ばむ体感

 関東、東海は前線の接近が遅く、昼間は日差しが届きそうです。

 南からの暖かな空気が流れ込んで、今日9日(火)と同様、気温は25℃と超える所がほとんど。

 日差しの下では汗ばむ体感となります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング