今日18日(木)夜に月と火星が大接近

ウェザーニュース / 2018年10月18日 12時15分

ウェザーニュース

今日18日(木)、月が火星に近づきます。

いつ・どこに見える?

18日(木)20時頃 南の空(東京)

10月18日(木)の夕方から深夜にかけて、南から南西の空で上弦過ぎの月と火星が大接近して見えます。

7月31日の火星の地球最接近から2か月半。火星は少し暗くなってきましたが、マイナス1等級の赤い輝きは、月がすぐそばにあってもよく目立ちます。

日付が変わるころには沈むため、なるべく早い時間にご覧ください。月と火星の接近、次回は11月16日(金)です。

気になる天気は?

高気圧が日本列島を覆うため、広く晴れて、月と火星の接近を楽しめる予想です。

ただし、九州北部~山陰など日本海側は大気の状態が不安定で、急に雲が増える可能性があります。

また、関東や東海は夕方から夜にかけてにわか雨の可能性があり、雲間のチャンス狙いになるかもしれません。特に関東南部では、南から雲が広がる予想なので、早めの時間がオススメです。

過去の写真

こちらは2017年10月18日に届いたもの。写真ではちょっと見にくいですが、赤い火星が月に寄り添っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング