関東 レーダーに映らない雨雲に要注意

ウェザーニュース / 2018年10月11日 12時20分

ウェザーニュース

11日(木)の関東は朝から雲に覆われ、すっきりしない天気が続いています。

レーダーに映らない雲とは?

雨雲レーダーの仕組み

通常の雨雲レーダーは上空2,000m〜10,000mの雲を5分ごとに観測しています。

今日の関東は、雨雲レーダーで目立った雨雲は少ないものの、弱い雨が落ちてくるため油断が出来ません。

夕方にかけて油断禁物

関東に広がっている雲の一部はそれよりも低く、ウェザーニュースに届いた会員からの天気報告では、レーダー画像に何もない所でも雨が降っていることがわかります。

夕方にかけても一時的な弱い雨の降ることがあるため、油断をせず、外出には傘があると安心です。

高い建物が隠れるような低い雲が広がってくると雨のサインなので、注目してみてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング