ブルーインパルス 福岡

ウェザーニュース / 2018年10月14日 15時30分

ウェザーニュース

14日(日)、福岡県の芦屋基地で平成30年度芦屋基地航空祭が開催され、ブルーインパルスによる編隊飛行が披露されました。

空で共演!

太陽のまわりに虹色の光の環(ハロ/日暈)がかかり、機体と共演しました。

14日(日)14時の衛星(赤外)画像

午後になって東シナ海から上空の薄雲が接近してきたため、淡いコントラストの空模様となりました。
この薄雲により、ハロが出たと見られます。

ブルーインパルスとは

航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチーム、それがブルーインパルスです。(航空自衛隊ホームページより)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング