16日(火)~17日(水) 北海道の峠道では積雪の可能性も

ウェザーニュース / 2018年10月15日 11時50分

ウェザーニュース

16日(火)夜から17日(水)にかけて、北海道の上空1500m付近で-3℃以下という、11月上旬並みの強い寒気が流れ込んできます。

北海道の山間部や峠では雪となり、積もるところが出てきそうです。内陸部では市街地でも雪が混じって、初雪のところがあるかもしれません。

冬タイヤへの交換は5%以下

調査日:10月14~15日(15日11時現在) 参加数:314人

ウェザーニュースが北海道のユーザー向けに行った調査では、冬タイヤに交換したという割合は約4%止まり。
10月上旬の気温が高めだったこともあり、大半の方がまだ交換していない状況です。

市街地で冬タイヤの出番は11月以降になりそうですが、標高が1000mを越える石北峠や日勝峠を車で通行される方は、そろそろ冬タイヤの準備が必要になります。
自動車整備店が混み合う前に、早めの準備が良さそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング