北海道 目まぐるしい天気変化は虹のチャンス

ウェザーニュース / 2018年10月18日 11時50分

ウェザーニュース



今日18日(木)の北海道は上空の寒気の影響で小さな雨雲が発生し、所々で雨が降っています。
雨雲の一つ一つが小さいため、通過した後は雲間から太陽が差し込み、虹が出現しています。

冬に近づくと、昼間でも虹が見える


虹は概ね太陽高度が42度よりも低い時に現れ、一般的に太陽と地面の角度(=太陽高度)が50度以下だと見えやすいと言われています。

今日18日(木)の札幌の南中高度(一日の中で太陽の高さが最も高くなる高度)は37.4度。昼間の太陽高度が高い夏は、朝と夕方しか虹は現れませんが、太陽高度が下がってきたこの時期は、雨のスクリーンと日差しの条件さえ揃えば、昼間でも虹が出現します。

変わりやすい天気=虹を見つけるチャンス

変わりやすい天気は昼過ぎまで続きますので、雨の後に日差しが現れたら、虹を探してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング