吊るし雲の一種か 佐賀などで巨大な渦巻く雲の目撃相次ぐ

ウェザーニュース / 2018年11月3日 19時0分

ウェザーニュース

3日(土)夕方、佐賀県を中心に九州北部で渦を巻いたような雲の目撃報告が相次ぎました。

原因は上空の強い風+地形効果?

空から巨大なドリルが降りてきたような、あるいはパンのコロネのような…一見するとつむじ風や竜巻のようにも見えますが、突風被害はでていません。

この雲は大陸から接近する移動性高気圧の影響で上空の西風が強まったこと、また周辺の山の地形的な影響で発生したとみられます。
富士山周辺でも見られる吊るし雲の一種ではないかと考えられます。

気球競技も中止に

佐賀市では「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が開催されていますが、午後の競技はこの強風の影響で中止になりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング