東京・靖国神社で桜開花 平年よりも5日早く

ウェザーニュース / 2019年3月21日 10時0分

ウェザーニュース

写真:東京・靖国神社の桜 20日(水)撮影

今日3月21日(木)、気象庁は東京・靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。平年より5日早く、去年より4日遅い開花です。東京の桜は7年連続で平年(3月26日)よりも早く咲きました。

気象庁では、標本木と呼ばれる観測対象の木を定めていて、5〜6輪以上の花が咲いた状態を開花発表の目安としています。

東京では先週から最高気温が15℃を超える日が増えて、19.2℃まで上がった19日(火)夕方に2輪、21.5℃を観測した昨日20日(水)の午後には4輪が開花していました。昨夜から今朝にかけて気温の高い状態が続いたため、開きかけていたつぼみもしっかりと咲いて、開花の発表となりました。

各地の開花予想

昨日20日(水)には長崎で、今日21日(木)には福岡で、既にソメイヨシノの開花が発表されています。他に、九州北部や四国、関東南部の横浜などで、開花の発表目前とみられます。

この先は、広島、名古屋などの各地に桜前線が進み、3月末から4月初めにかけて見頃を迎えるところが多くなる予想です。

関東南部は来週末から見頃に

昨年の東京・井の頭恩賜公園の様子

今週後半に寒の戻りがあるものの、今後も順調に開花が進んで、来週後半には見頃を迎えるとみています。靖国神社など東京都心周辺では、ちょうど3月最後の週末に見頃となるところが多くなる予想です。

▼主な名所の見頃予想
・六義園(東京)
 3月24日(日)〜4月1日(月)
・上野恩賜公園(東京)
 3月28日(木)〜4月5日(金)
・千鳥ヶ淵緑道(東京)
 3月28日(木)〜4月4日(木)
・大宮公園(埼玉)
 3月29日(金)〜4月8日(月)
・名古屋城(愛知)
 3月31日(日)〜4月9日(火)
・京都御苑(京都)
 3月24日(日)〜4月8日(月)
・大阪城公園(大阪)
 3月31日(日)〜4月8日(月)
・道後公園(愛媛)
 3月27日(水)〜4月3日(水)
・舞鶴公園(福岡)
 3月27日(水)〜4月3日(水)

※2019年3月21日現在(※見頃日は、五分咲き~桜吹雪の翌日の日付を記載しています)

お花見の時期を逃さないよう、計画と天気予報のご確認もお忘れ無く。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング