東京は11か月ぶりのまとまった雨 八王子や宇都宮は100mm超

ウェザーニュース / 2019年5月21日 14時26分

ウェザーニュース

今日21日(火)の関東地方は朝から断続的に強い雨が降っています。一旦、小康状態になった時間があったものの、昼前から風雨ともに強まってきました。

13時までの1時間では埼玉県所沢で23.5mm、神奈川県平塚で23.0mm、栃木県宇都宮で17.5mmなど広い範囲で20mm前後の強い雨です。

24時間雨量は山沿い以外でも100mmに達し、東京都八王子で108.0mm、神奈川県相模原中央で136.5mm、宇都宮で101.5mmを観測しました。

東京都心は13時30分までに70.5mmの雨が降り、24時間で70mmを超えるまとまった雨が降るのは、去年6月11日以来約11か月ぶりのことです。

群馬県や埼玉県秩父地方などすでに関東地方の一部では雨雲が抜けつつあります。まだ雨が強く降っている都心周辺でもまもなくピークを過ぎ、夕方には雨の止む所が増えてきそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング