22日(水)帰宅時の天気 傘の出番はほぼなし 気温差に要注意

ウェザーニュース / 2019年5月22日 11時0分

ウェザーニュース

今日22日(水)午後は引き続き高気圧に覆われ、帰宅時間帯に傘の出番はほとんどありません。昼間は晴れて暑く感じられる所が多いので、昼と夜との気温差が注意のポイントです。

内陸部中心に昼と夜の気温差大

夕方から夜にかけて晴れる所が多く、帰宅時に傘の出番はほとんどありません。

昼間は晴れて広い範囲で25℃以上の夏日になる一方、日没後は内陸部を中心に空気が冷たく、気温差が大きくなりそうです。

帰宅時間帯に合わせた服装選びが必要です。

北海道は道南でにわか雨の可能性

上空の気圧の谷の影響で、道南の日本海側や道北の内陸部で小さな雨雲発生の可能性があります。

強く降ったり長く降り続くようなことはないものの、念のため、折りたたみ傘があると安心です。

本州内陸部で所々雲が発生

静岡県の沖合で風がぶつかり合う“シアライン”が形成され、雲が発生します。

この雲の一部が内陸部で雨を降らせるくらいまで発達するかもしれません。

とはいえ、雨を降らせたとしても弱く、範囲が拡大することはなさそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング