各地で空に虹色のライン 薄雲が広がり“環水平アーク”出現

ウェザーニュース / 2019年5月22日 11時50分

ウェザーニュース

和歌山市より(22日11時過ぎ撮影)

各地に強い雨を降らせた前線が東に離れ、今日22日(水)の日本列島は晴れているところが多くなっています。

上空の高いところに薄雲が広がっていることで、太陽の光が屈折され、地面近くに鮮やかな虹色の帯、環水平アークが現れました。

今日は広範囲で空に虹色出現

上空の高いところにる薄い雲の帯が、日本列島に沿うようにあるため、西は九州から北は東北にかけての所々で、環水平アークが見られています。

飛行機雲の一部が染まったものも

岐阜県美濃加茂市より(22日11時前に撮影)

また、岐阜県美濃加茂市では飛行機雲が明るい青色に色づいている様子が見られました。見られた位置から、環水平アークの一部の色だけが、現れたものと考えられます。

昼過ぎまでは観測チャンス!

環水平アークは太陽が高いところにある時に出現し、今の時期は11~13時頃に見ることができます。

空の地面に比較的近いところに見られるので、肉眼でも見つけやすいのも特徴です。

太陽の周辺に刷毛で描いたような薄雲が広がっていると出現のチャンスとなります。

参考資料など

写真:ウェザーリポート by みきキジトラりんどんさん(和歌山市)、alomahaさん(岐阜県美濃加茂市)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング