11日(木)の天気 梅雨空拡大 関東でも夕方以降は雨に

ウェザーニュース / 2019年7月10日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本から関東で傘の出番
・太平洋沿岸で局地的に激しい雨
・北日本は日差し届くところが多い


予想天気図 11日(木)9時

11日(木)は梅雨前線がさらに北上し、雨のエリアが東に拡大します。西日本から東日本の広い範囲で傘の出番になりそうです。

西日本の太平洋側は局地的な激しい雨に注意してください。

西日本から関東で傘の出番

梅雨前線が今日10日(水)よりもさらに北上し、西日本から東日本の広い範囲で雨が降りそうです。

西日本や東海は朝から雨となり、関東でも夕方以降は雨が降りやすくなってきます。お出かけには雨具をご用意ください。

太平洋沿岸で局地的に激しい雨

雨の予想 11日(木)9時

前線付近は湿った空気が流れ込むことで雨雲が発達し、雨が強まります。

特に四国から紀伊半島を中心とした太平洋沿岸は局地的に激しい雨の降るおそれがあるため、道路冠水や河川の増水、土砂災害などに注意が必要です。

北日本は日差し届くところが多い

前線から離れている北日本は大きな天気の崩れがなく、日差しの届くところが多くなります。

昼間は内陸部を中心に25℃を超える夏日で、日差しの下では少し暑さを感じそうです。朝晩との体感差が大きいので、調節しやすい服装をおすすめします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング