台風6号 東海地方を通過中 中心付近で激しい雨に

ウェザーニュース / 2019年7月27日 13時30分

ウェザーニュース

27日(土)朝に三重県南部に上陸した台風6号は、正午現在、三重県四日市市付近を時速20kmで北北東に進んでいます。

▼台風6号 7月27日(土)12時
 存在地域   四日市市付近
 移動     北北東 20 km/h
 中心気圧   1002 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

台風は今後、東よりに進路を変えながら熱帯低気圧に変わり、28日(日)0時に熊谷市付近、28日(日)正午には福島県の沖に達する見込みです。

台風の中心付近では激しい雨に注意

台風の中心付近に活発な雨雲が広がり、近畿や東海、北陸の一部で1時間に30mm前後の激しい雨が降っているところあります。

また、台風の東側を吹く南よりの風が湿った空気を送り込んで、中心から離れた静岡県などでも局地的に雨が強まっています。

一部、活発な雨雲が線状になって進んでくるため、非常に狭い範囲で雨が集中する可能性があります。日差しが出ていても油断が出来ず、特に昼過ぎまでは短時間の激しい雨による道路冠水にご注意ください。

夜には関東でも激しい雨のおそれ

このあとも中心に活発な雨雲を伴った状態が続くため、台風の進路に当たる東海や甲信、北陸など広い範囲で1時間に30~50mmの激しい雨が降る見込みです。

夜には関東北部や東北にも活発な雨雲が広がります。台風の動きが遅い分、強い雨が長時間続くこともありますので、道路冠水や河川の急な増水、土砂災害などに警戒が必要です。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風6号のナーリー(Nari)は、韓国が提案した名称で、「百合の花」という意味です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング