北海道は富士山頂並の低温の所も 札幌は18日ぶりに25℃未満

ウェザーニュース / 2019年8月10日 15時40分

ウェザーニュース

お盆休みが始まった今日10日(土)の北海道は、北からの冷たい空気に覆われてあまり気温が上がっていません。

低気圧の影響で雨の降ったところも多く、各地から「寒い」という声が届きました。

最高気温が15℃以下のところも

ストーブ点火 北海道中川町より(10日10時30分頃の様子)

特に気温が低かったのは道北や道東エリアで、15時までの最高気温はぬかびら源泉郷(十勝地方)で13.7℃、阿寒湖畔(釧路地方)で13.9℃などと15℃を下回ったところもありました。

これは、今日の富士山頂の気温(14時現在11.7℃)とほとんど変わらないもので、道北の中川町では暖房をつけた写真が撮影されました。

また、札幌市も最高気温は22.4℃にとどまり、18日ぶりに25℃を下回る涼しい一日でした。

明日11日(日)も気温低め 体調管理に注意

明日11日(日)は、今日ほどではないものの比較的冷たい空気が残ります。

最高気温は札幌で25℃、釧路や根室は20℃程度で、日差しもなく半袖では少し肌寒く感じられそうです。数日前までに比べると低めの気温が続きますので、体調を崩さないよう十分お気をつけください。

また、帰省や旅行で本州方面から北海道に行かれる方は服装にも注意が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート by おはぎさん

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング