血液型、お酒、服装… 蚊に刺されやすい人はどんな人?

ウェザーニュース / 2019年8月28日 16時0分

ウェザーニュース

今年は蚊に何回刺されましたか? ほかの人に比べて多かったですか? それとも少なかったですか? 一緒にいるのに蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるそうです。どんな人が蚊に刺されやすいのでしょうか。

一番刺されやすい血液型は?

「蚊に刺されやすい血液型は、科学的根拠は明らかになっていませんが、一部の研究結果によるとO型であるというデータがあります」と言うのは、蚊の生態に詳しいアース製薬・虫ケア用品ブランドマネージャーの北口明宏さんです。

蚊はいろいろな血液型の人を刺しますが、刺す前に唾液腺物質を注入するため、異なる血液型の血を吸っても血液が凝固しないそうです。ちなみに、蚊に刺されるとかゆくなるのは、この唾液腺物質を注入されるためです。

汗かき、酒好きは刺されやすい

「蚊に刺されやすいという点では、血液型より重要な要素があります。蚊は人が出す炭酸ガス、皮膚のニオイ(汗に含まれる乳酸など)、体温を感知して吸血源を探し求めるため、汗をかいている人や、運動や飲酒によって炭酸ガスを多く出す人に集まってきます。また、赤ちゃんや子どもは大人に比べて体温が高いため蚊のターゲットになりやすいといえます」(北口さん)

酒好きが蚊に刺されやすいのは自業自得という気がしますが、赤ちゃんや子どもは体温が高いという理由で刺されやすいので保護者は気をつけて下さい。

蚊は黒っぽい服装が好き

「服装にも注意が必要です。蚊は黒など暗い色を好むので、蚊が多い場所などにお出かけの際は、白い長袖の服がおすすめです。もちろん、外出は虫除け剤を使って上手に蚊対策をすることをお忘れなく」(北口さん)

蚊が黒っぽい服装好きなのは、そこに蚊がとまっても目立たないからでしょうか。夏の時期に公園や草むらに行くときは、白い長袖や明るい色のズボンでお出かけください。

蚊に刺されやすい人は、それなりに理由があったのです。家の庭や公園など蚊に刺されやすいところに出るときは蚊対策をお忘れなく。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング