週刊地震情報 2019.09.15 世界的に地震活動は低調

ウェザーニュース / 2019年9月15日 10時30分

ウェザーニュース

昨日までの一週間、日本で震度3以上を観測する地震は発生していません。世界でもマグニチュード6以上の地震は発生していません。(9月9~14日の集計)

国内:震度3以上はなし 関東や東北で有感地震あり

国内で震度1以上が観測された地震の回数

日本国内では、9月7日(土)に青森県東方沖で発生したM5.0の地震以降、震度3以上を観測した地震がありません。震度4以上を観測する地震も8月15日を最後に発生がない状況です。(15日(日)9時現在)

9日(月)から14日(土)に発生した震度1以上の地震は15回で、そのうち関東が5回、東北が6回と多くを占めました。このエリアはもともと地震が起きやすく、この一週間が特に多いというわけではありません。

落ち着いた状況の時に、部屋に落ちやすいものや倒れやすいものがないかチェックしておくのが良さそうです。

世界:M6以上の地震は一週間以上発生なし

世界のM4.5以上の地震(USGSホームページ引用/ウェザーニュース加工)

昨日までの一週間、アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は発生していません。

最も大きな地震は11日(水)にアラスカ湾で発生したM5.7の地震です。海底の浅い所で発生したものの、規模が小さかったため津波はなく、強い揺れは陸地に到達していません。

M6以上の地震は9月2日(月)以来、10日間以上発生がなく、世界的に見て静かな状況と言えます。最近では8月5日~19日にかけての2週間、M6以上の地震がありませんでした。

参考資料など

※日本国内の震源・震度の情報は特に記載が無ければ気象庁より。海外の震源情報は特に記載が無ければアメリカ地質調査所(USGS)より。発表機関により震源情報に差が生じることがあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング