週間天気予報 次の三連休は荒天の可能性

ウェザーニュース / 2019年9月17日 14時1分

ウェザーニュース

次の週末も三連休ですが、秋雨前線や熱帯低気圧の影響で、東日本や西日本などでまとまった雨が降る可能性があります。また、週後半には寒気の影響で北海道の山では雪が降る可能性があります。

■この先1週間のポイント■

・明日18日(水)は東日本や北日本で一時雨
・次の週末の三連休は荒天の可能性
・北海道の山では雪の可能性

明日18日(水)は東日本や北日本で一時雨

この先、20日(金)頃にかけては西日本を中心に晴れる所が多くなります。

ただ、18日(水)は上空の気圧の谷の影響で東日本の一部で雨が降り、北日本でも前線の通過に伴い雨が降る所がある予想です。

晴れる地域では30℃を超える厳しい暑さとなる一方で、雨の降る所では最高気温が25℃に届かず肌寒いほどのところもありそうです。

次の週末の三連休は荒天の可能性

予想天気図

次の週末も三連休ですが、秋雨前線が活発化して本州付近へ北上し、東日本や西日本などで雨が降るところが多くなり、場所の特定はまだ難しいものの大雨となる可能性もあります。

また、沖縄の近くで熱帯低気圧が発生して秋雨前線の活動を活発化させる可能性があるほか、熱帯低気圧自身が北上して直接本州方面へ影響を及ぼす可能性もあります。今後の情報に注意してください。

北海道の山では雪の可能性

北海道旭岳 13日(金)の様子

19日(木)頃から20日(金)頃にかけて、北日本の上空にこの秋これまでで一番強い寒気が流れ込む予想です。

このため、標高1000mを超える場所では降水があれば雪となる可能性があり、大雪山などでは初冠雪となる可能性があります。

北海道では平地でも気温が低くなり、週末にかけて札幌などでも最低気温が10℃程度まで気温が下がる可能性があります。体調管理にご注意ください。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング