東北エリアは山を越えると天気が一変

ウェザーニュース / 2019年9月23日 13時37分

ウェザーニュース

台風17号から変わった温帯低気圧の影響で東北エリアでは南東風が吹いています。低気圧の雨雲が通過して岩手県など太平洋側は本降りの雨。ただ、雨雲は奥羽山脈を越えることができずに、秋田県では日差しが届いています。

奥羽山脈でフェーン現象

フェーン現象の影響で秋田県では気温がグングンと上昇。30℃近くまで気温が上がって季節外れの暑さになっている地点もあります。一方、岩手県では20℃にも満たずに冷たい雨風。奥羽山脈を挟んで全く違った天気になっています。

午後になると温帯低気圧が接近して秋田県など日本海側では転機が一変。雨風が強まり、荒れた天気になります。横殴りの雨に加えて飛来物や停電の発生に注意してください。

参考資料など

NICT-情報通信研究機構 ひまわり8号リアルタイムWeb

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング