北海道 旭川や帯広で「初氷」観測 枝幸町では−4.2 ℃

ウェザーニュース / 2019年10月14日 7時30分

ウェザーニュース

今日10月14日(月)体育の日は、北日本を中心に朝の冷え込みが強まりました。

北海道の旭川や帯広、釧路では今季の「初氷」が観測されたと気象台や測候所が発表しています。初氷を観測するのは今季全国で初めてです。帯広では「初霜」も観測されました。

▼初氷の観測
 帯広 平年より1日遅く、昨シーズンより4日早い
 旭川 平年より1日早く、昨シーズンより21日早い
 釧路 平年より8日早く、昨シーズンより19日早い

▼初霜の観測
 帯広 平年より5日遅く、昨シーズンより4日早い

道内各地で氷点下の最低気温「冬日」観測

7時までに観測された最低気温

▼7時までに観測された最低気温
 歌登(枝幸町)   -4.2℃
 下川(下川町)   -4.0℃
 朱鞠内(幌加内町) -4.0℃
 上川(上川町)   -3.7℃
 滝上(滝上町)   -3.5℃
 陸別(陸別町)   -3.5℃

最低気温の平年差(気象庁HPより)

東京など東日本は昼間も気温上がらず

今日の天気・予想気温

北海道では昼間は朝と比べて気温が上がり、いくぶん寒さは和らぎそうです。寒暖差で体調を崩さないようにご注意ください。

一方、東北から関東、中部地方にかけては昼間も気温があまり上がらず、特に昨日暑くなった関東では最高気温の差が大きく、東京では昨日よりも10℃低い19℃までしか上がらない予想です。体調管理に十分注意してください。


参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング