北海道 札幌や網走で「初霜」観測 陸別では−4.9 ℃

ウェザーニュース / 2019年10月16日 7時15分

ウェザーニュース

今日10月16日(水)は、全国的に朝の冷え込みが強まりました。

北海道の札幌や網走では、今季の「初霜」が観測されたと気象台が発表しています。

▼初霜の観測
 札幌 平年より9日早く、昨シーズンより4日早い
 網走 平年より9日早く、昨シーズンより19日早い

道内各地で氷点下の最低気温「冬日」観測

7時までに観測された最低気温

陸別町では今季全国で最も低い-4.9℃の最低気温を記録しました。

▼7時までに観測された最低気温
 陸別(陸別町)      -4.9℃
 ぬかびら源泉郷(上士幌町)-4.3℃
 藪川(岩手県盛岡市)   -4.1℃
 川湯(弟子屈町)     -3.9℃
 標茶(標茶町)      -3.9℃

最低気温の平年差(気象庁HPより)

晴れる地域は寒暖差に注意

今日の天気・予想気温

冷え込んだ朝と比べて、各地とも昼間は気温が上がり、いくぶん寒さは和らぎそうです。寒暖差で体調を崩さないようにご注意ください。


参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング